ラプラプさんと海と燃費

留学日記
この記事は約2分で読めます。
投稿写真
【ラプラプさんと海と燃費】2018/01/18(木)

 

セブ4日目。

今日は初の海方面へ。

まずは
ラプラプ像とマゼラン碑を見に。
セブに上陸してきたマゼラン。
それをやっつけたのがラプラプさん。
街の名前もラプラプシティ。
園内もきれいに整備されていました。

そして海へ。
マクタン島はプライベートビーチばかり。
ホテルに滞在しない我々でも入れる
Mactan Newtown Beachへ。
入場料は1人150ペソ。

ゲートをくぐって見えた景色!
「わー✨✨きれい‼️」

とは正直なりませんでした笑
が、それでも青く澄んでいて癒された◎
やはり日本海とは違う。

水着を仕込んで行ったけど
屋根付テーブル使用料1,500ペソ。

鞄置いといたら盗られかねないし
観光ビジネスの波には乗らずに足だけ笑

寄せては引いていくさざ波。波の音。
足の裏から伝わる白砂の感覚。
気持ちが良かった◎

やっぱり海好きだ♡
時間があれば2時間ぐらい瞑想したかった。

————————————————–
■夫婦旅行で困ること

夫は少食かつ、すぐお腹が減る人。
私は大食いで長持ちする人。

燃費が違いすぎる。

お腹が減ったの一言は危険フラグ🚩

空腹時の夫は非常に不機嫌。
しかしその頃、
私はまだぜーんぜんお腹減ってない。
私も短気な故、険悪な雰囲気に…。

最近はお互い分かってきて
だいぶ緩和されてきているけれど。
できれば避けたい事案。

今後は何か食べ物を持ち歩くようにしよう。

————————————————–
夕飯はpork sisigなるものを。
豚肉を細かく刻んだものと玉ねぎ、青唐辛子
オイスターソース風の味付けで炒めたもの。
豚の耳のフライがトッピングされています。
天かすの要領。

豚の耳フライは、チチャロンといって
こちらではポピュラーな食べ物。

これが、ごはんとセットになっている。
パサパサなお米が逆に合う。

…そう言えば鶏肉と豚肉はよく見かけるけど
牛肉ってこっち来て見てない気がする。
あまり食べないのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました